FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

人生は、ちょっと足りないくらいが、ちょうどいい

DSCF2626-Edit_TP_V.jpg


今日は、娘に教えられたことを書きたいと思います。


今日、娘と、未来の夢について話をしていたんです。

娘 「大きな新築一軒家に住んでみたいな」

私 「注文住宅がいいね。自分で好きなように作って、希望通りの家だったらいいな」

娘 「うん。家族それぞれの部屋があって、一つ一つの部屋も広くて、収納もたくさんあって・・・」

私 「南向きに大きな窓があって、吹き抜けで、リビングは広々としていて、対面キッチンで、庭が広くて・・・」

娘 「あーいいなー。そんな家に住みたい」

私 「じゃあ、医者とか弁護士と結婚して、玉の輿に乗らなきゃね!」



そこまで、話すと、娘がこう言いました。


「でも、夢は夢。現実はちょっと足りないくらいでいいんだよ」


って。


広い家も、過ごしやすい部屋も欲しいけど、そういうのを与えられちゃったら、家族みんなが部屋に閉じこもるようになる気がして、それはそれで寂しいと言うのです。

だから、これくらいの平凡な家で、夢を語れるくらいがいいそうです。



「全部手に入れたら、つまんないよ。何でも、もっと欲しいな、と思うくらいがちょうどいいんだよ」



あれいいな、これいいな、ってたくさん思うけど。

そして足りない現実を見て、不幸だなって思ってしまうけど。

実は望むものを手にしていない、今の段階の方が幸せなのかもしれないって、娘の言葉を聞いて、ハッとしました。


今は、

お金が欲しい!

立派な家が欲しい!

時間が欲しい!

自由が欲しい!

って、望んでばかりいるけれど。

もし全てを手にしてしまったら、何を目標に生きていのかわかんなくなっちゃいますよね。

足りない現実があって、ああしたい、こうしたいと望んでいる今は、もしかしたら最高に幸せな時なのかもしれない。



人生は、ちょっと足りないくらいが、ちょうどいい



娘に教わりました。



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 日記

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。