FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

誰でも出来る!ヤフーオークション(ヤフオク)落札後の手続き

PEZ_2076_TP_V.jpg


前回の記事 「誰でも出来る!初めてのヤフーオークション(ヤフオク)出品方法」 で無事出品することが出来た方は、入札されているかな?と毎日ドキドキしながらパソコンもしくはスマホに向かっているのではないでしょうか。

一人でも入札してくれる方がいると、テンション上がりますよね。

もし入札がなくても、焦る必要はありません。入札はオークション終了間際に伸びる傾向にあるため、結果はギリギリまで分からないからです。

でも、うかうかしてもいられません。

オークションが終了し、無事落札されると同時に行わなければならない手続きが待っているので、今のうちにきちんと準備しておきましょう。

やっておくべきことは


・落札後の、落札者との取引の流れを把握しておくこと

・落札後、商品を発送する際の発送方法や送料について調べておくこと(落札後に送料を連絡するよう選択していた場合)

※出品時、送料は「出品者の負担とする」、もしくは「全国一律の送料で出品する」などを選択していた場合は、ここで調べる必要はありません。

・商品を発送するための梱包に必要なものを準備しておくこと。また、実際に梱包してみること


ではまず、取引の流れについて見ていきましょう。


1.取引ナビ(ベータ版)

無事、商品が落札されると、落札者と出品者の間でやり取りをしなければなりませんね。このやり取りをスムーズに行えないと後々トラブルとなってしまう危険性があるので、オークション終了後、直ぐに対応出来るよう、心構えをしておきましょう。

以前は、落札後、出品者・落札者それぞれが必要事項を明記した文章を送信し合って話し合いが進められていたのですが、今は取引ナビ(ベータ版)というものが新設され、お互いにどの様な連絡を取りたいかを選択し、クリックするだけで伝え合うことが出来るようになっています。

以前よりずっとスムーズかつ簡単なので、初心者でも安心ですね。

カテゴリによってはベータ版ではなく、メッセージ方式の取引ナビを使用することになりますが、この場合でも、例文をコピーし、必要か所を修正して使用することができるので、それ程難しくはありません。

メッセージ方式の場合、ベータ版よりも手間はかかってしまいますが、以下のような利点があります。

・細かい部分に融通をきかせることが出来る

・変更があった場合も、スムーズに知らせることが出来る

・お互いに文章を送りあってやり取りするため、気持ちのこもった取引となる

ベータ版での取り引きだと、簡単ではあるものの、全く相手の雰囲気をつかめないため、「心」のないやり取りとなってしまうとして、あまり好まない方もいらっしゃるようです。

カテゴリによってはどちらか好きな方を選択出来る場合がありますので、1度両方試してみるといいかもしれませんね。

ここでは、一般的なベータ版の流れについてお話していきたいと思います。

取引ナビ(ベータ版)の流れは以下の様になっています。


落札者から出品者へ取引ナビを使って連絡
          ↓            ↓
出品者から送料の連絡   ↓(出品時に送料を提示した場合は、最初の連絡が落札者からの支払い連絡となります)
          ↓            ↓
     落札者から支払いの連絡
          ↓
出品者から発送の連絡
          ↓
         評価


一つずつ見ていきましょう。

①落札者から出品者へ取引ナビを使って連絡

以前はオークション終了後、出品者から連絡を開始していたのですが、ベータ版の場合は落札者から始めることになります。

オークションが終了した時点で、落札者には以下のようなメールが送られているのです。

「落札おめでとうございます!!出品者から取引に必要な情報が提示されています。あなたから取引を開始しましょう。」

そして、取引ナビのボタンをクリックすると、そこから出品者とのやり取りを開始出来るようになっています。

ここで提示される「出品者からの取引に必要な情報」と言うのは、出品前に「かんたん取引を利用」とクリックした際に出品者が自ら入力した情報となります。

但し、入金するつもりのない方に個人情報が開示されないよう、落札者がきちんと自分の情報を入力した後に出品者情報が開示される仕組みとなっているので、安心してくださいね。


②出品者から代金の連絡

落札者が取引ナビの指示に従い連絡をしてくると、出品者側に通知が届きます。商品ページから取引連絡ボタンをクリックしてみましょう。

取引ナビの中に、落札者の住所・氏名・電話番号、希望する支払い方法、支払予定日、希望のお届け方法などが記されています。

全てを確認後、特に問題がなければ「送料を連絡する」ボタンをクリックし、希望された発送方法の送料を入力しましょう。

「決定する」をクリックすると、落札者へ連絡が行きます。

※出品時に送料を提示、もしくは送料は出品者の負担としていた場合は、ここまでの手続きを抜かして、③の手続きから開始することになります。


③落札者から支払いの連絡

落札者が入金を行うと、支払いを完了したことを知らせる通知が届きます。内容をチェックし、入金を確認したら、落札者の指示通りの発送方法で発送しましょう。

      
④評価

無事商品が落札者のもとへ届いたら、落札者から評価が届きます。この評価が今後の取引を左右してきますので、高評価を得られるよう、落札後のスピーディかつ丁寧なやり取りが大切なんです。

特に問題がなければ、それ程悪い評価とはならないと思いますが、しっかりとした評価を得られるまで気を抜かず、落札者への感謝の気持ちも忘れずに対応して行きましょう。

また、出品者側からも落札者の評価をすることが出来ます。

支払いも確認出来、商品も無事届いたことがわかったら、なるべく早い段階で評価を付けてあげましょう。

評価は、

・非常に良い

・良い

・どちらでもない

・悪い

・非常に悪い

のいづれかを選択し、コメントをつけることが出来ます。

「非常に良い」・「良い」の場合はそれぞれ1ポイント、「どちらでもない」は0ポイント、「悪い」・「非常に悪い」の場合は-1ポイントとなっていきます。

このポイント数は、今後商品を出品した際、落札者が「この人は信用できる人かな」と判断する材料となっていきますので、出来れば、お互いのためにも、大きな問題がない限り「非常に良い」にしておきたいですね。


これで、ヤフーオークションの一連の流れが終了します。お疲れ様でした☆



2.梱包

落札後の手続きをストレートにお話しましたが、ここで忘れてはならないのが、梱包です。

案外、梱包の部分で躓いている方が多いのではないでしょうか。

どの様なものを、どのような方法で発送するかにもよりますが、初めての場合はどうしたら良いのか迷ってしまいますよね。

そこで、主な商品ごとに梱包方法をご紹介してみます。


①洋服

ただ紙袋に入れて発送することは出来ますが、しわになったり、水に濡れてしまう危険性もありますね。この場合は、水をはじくビニール袋などに入れてから紙袋やショップの袋等に入れて発送するといいでしょう。

2重になっていることで、とても丁寧な印象を与えることが出来ます。服を購入したときの透明な袋等を保管しておくとこんな時に便利ですね。


②小型家電

壊れる危険性のあるものは、エアキャップ(ぷちぷち)でしっかりと包み、ビニールテープや布テープでとめましょう。更にダンボールに入れ、送付するものの周りを新聞紙などで埋めます。衝撃があっても壊れることのないよう、きっちりと詰め込みましょう。

但し、重さによって料金が変わる場合はエアキャップを使いすぎたり、重い紙を詰め込みすぎたりする事で値段が上がってしまいます。なるべく重さを抑えたうえで、確実な梱包を目指しましょう。


③本

エアキャップでしっかりと包み、ビニールテープもしくは布テープでとめましょう。水濡れの心配がない状態にしてから紙袋やビニール袋に入れて発送します。


④CD・DVD

これらはケースに入れるのが基本ですが、ケースに傷が入らないよう、さらに透明な袋に入れて保護しましょう。その上でエアキャップを使用します。

エアキャップでケースごと包み、隙間ができないようにテープで止めます。出来れば、エアキャプを2重に巻きたいところですが、そのせいで値段が変わる場合は注意が必要です。発送方法によって変えていきましょう。

また、エアキャップ付きの紙袋もありますので、透明のビニール袋に入れた後に、そのような袋を使用してもいいですね。



以前、私が落札した商品で、使い古しの紙袋にスカートが1枚、そのまま入っていたことがあります。紙袋だったので、濡れなくて良かったとホッとはしたものの、あまりいい気持ちにはなれませんでした。

雑な発送をしてきた方は、やはりその商品も雑に扱っていたのではないか?と思えてしまうからです。もしかしたら新品未使用となっていましたが、実はとても汚い履き方をして、洗濯もしていないのでは?と疑いたくなってしまうものです。

すると、その人から再度商品を購入しようという気持ちにはなれません。

つまり、その出品者は、リピーターを逃してしまうのです。

今後も出品する予定の有る方は、次の出品のことまで見越して、最後の最後まで手を抜かず、きちんとした対応を心がけましょう。

もし梱包方法に迷った場合は、その商品を購入した際、どのような状態であったかを考えるといいかもしれませんね。また、自分が受け取るとしたらどうなのか、で判断することも大切です。



無事、梱包も発送も評価も終了すると、自分の口座に不要品と引き換えとなったお金が入っているはずです。

家にあった、ゴミとなるべきものが、報酬に変わりましたね。

最初は微々たるものかもしれませんが、これを本格的に仕事にすると、定期的な収入が期待出来ます。

それがせどりですね。

ここまでの手続きは、決まり通り順を追って行えば、誰にでも出来ることです。しかし、これが仕事となるとどうでしょう?

次回は、“せどり”と言うお仕事について少しお話していきたいと思います。


オークション出品に興味がある方は、こちらからプレミアム会員登録が出来ます。
    ↓




          

人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 在宅ワーク

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。