スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

フリーライターという仕事


PAK136150749_TP_V.jpg



仕事ブログを立ち上げたはずなのに、ここ最近、仕事に関する記事を全く書いていませんでした。

一応、フリーライターやってます。

ランサーズに登録したことでお小遣いを稼ぐようになり、

そこから直接依頼を受けるようになり、

どんどん仕事の幅が広がっていき、

今は、ある会社から依頼を受けて、契約を交わし、専属ライターとして働かせてもらっています。

が、「雇われている」のではなく、「外注」という形なので、

フリーライターと名乗ってみます。


1文字0.7円からスタートし、1記事の文字数が1~3万文字で、1か月に2記事~3記事仕上げていたので、最初はだいたい3~4万円くらいの報酬を頂いていました。

まぁ、お小遣い稼ぎと考えるとイイか、という程度ですね。

でも、毎日5~6時間書き続けてこの報酬だったので、時給で考えると、パートよりも明らかに低い!

そして、以下のような、多くのデメリット!


・たくさん邪魔が入るので、仕事に集中できない。(来客、電話、家族が見ているテレビの音、子供の話し声、家族からの問いかけなどなど・・・)

・仕事場が家なので、「働いている」という認識が薄い(私自身も、家族も、友人も)

・仕事しているという認識が薄いので、外に働きに出ている人より、家事を完璧にこなさなきゃならないという使命感にかられる

・休日がない(自分で区切りをつけて、休みを作らなければならないのだけれど、納期もあるし、明日どんな邪魔が入るかわからないと思うと、怖くて出来る時にやってしまおう!と思ってしまう。結果、休めない)

・いつも、頭の中に仕事がある(休もうと思ってショッピングしていても、早めに帰ったら仕事の続きができる、などと考えてしまう)



まぁ、ザッとまとめると 「メリハリがつかない」 ってことです。



そして、私をいつも苦しめるのは、いつ仕事が無くなるかわからない、という危機感です。



外に行けば、仕事の時間は仕事だけに集中できて、

帰宅したら家の事だけに集中できるから、休日も心置きなく休めるんですよね。

そして、余程のことがなければ、クビになることもないのでは?と思います。



それが、ちょっとうらやましくもあるのです。



ただ、もちろん、在宅だからこそのメリットはたくさんあります。

・時間に縛られない

・休もうと思えばいつでも休める

・自分の都合に合わせて仕事時間を調整できる

・頑張れば頑張るだけ報酬につながる

・突然の子どもの学校行事にも参加できる

・子どもが熱を出して学校を休んでも、仕事を急遽休む必要もない(家で子供が寝ている間に仕事が出来る)

・早起きして、身支度して、出勤するという煩わしさがない

・パジャマのままでも仕事OK


などなどですね。



つい最近、やっぱりフリーライターをやめて、外に働きに出ようかな、と主人に相談しました。

とにかく、休みを作れない、心が休まらない、いつも仕事と家事に追われている、

この状況から抜け出したくなってしまって。


でも、主人に言われました。

「もし、外に出たら、今度は人間関係や時間に縛られることに不満を持つと思うよ」

そうかも・・・。



結局はない物ねだりで、何を良しとするかは自分次第。



全てを手に入れる事はできないのだから、無い物を欲しがるのではなく、今ここにあるものを最高に幸せなものに変える方法を見つけた方がいいのかもしれません。



一度仕事を頂けなくなった時のことを思えば、「仕事を頂ける」という、今の状況は本当にありがたいこと。

忘れてはいけないんですね。



お仕事があるからこそ、報酬が発生する。

その会社があるからこそ、お仕事がある。

その会社が儲かっているからこそ、お仕事を頂ける。

その会社が儲かるように、良い記事を書く。

良い記事を書けば、その会社のサイトを見に来る人が増える。

見に来る人が増えれば、その会社は儲かる。

儲かっている会社は、さらに仕事を発注する。

仕事があるから、報酬がもらえる。


このサイクルを絶対に忘れてはいけないんです。

たった1円でも、仕事があり、依頼される、そのことに感謝感謝。

家にいながら仕事が出来る。

これは、私がずっと望んでいたこと。

それを手に入れたのに、不満を持つなんて、もってのほかですね。



しかも。



実は最初に依頼を受けた時から、0.1円ずつ報酬はアップしていき、今は1文字1.4円にまでなっています。

文字数もすごく増やしやすいテーマを頂けるようになり、

1記事30000文字を超えるのが当たり前になってきました。単純に1記事42000円です。

1つの記事で、50000文字を超えたこともありました。

そして、先月、3記事仕上げたことで、

私がずっと夢見ていた


1か月に在宅ワークで10万円以上稼ぐ


という目標を達成することができたんです。



その代わり、しんどいと言えば、しんどい・・・(笑)



息子も少年団に入っている為、夏休み中は体育館付き添いやら、遠征やら、練習試合やらが入り。

子供は3人いるので、毎日の洗濯物の量は半端ないし

家は掃除しなければ、泥棒入った?というくらいの汚さになってしまう・・・

家事と、仕事と、少年団と

この1か月、本当にただただ突っ走ってきたような気がします。

この疲れが、今一気に押し寄せてきて、



「外で働いた方が楽なのでは・・・」



と思ってしまったのかも。




次の課題は、10万円稼ぎながら、適度なお休みをとる方法を見つける!


ですね。


与えられた仕事をシッカリとこなさないと、仕事をもらえなくなるかもしれない。

納期がどんどん迫ってくる。

来月仕事をもらえるかどうかは、約束されていない。


このことが常に頭にあるからこそ、休みを取ることが怖くなってしまうんだけれど。

もう少し体のことを考えるようにしよう!


人気ブログランキングへ







スポンサーサイト

 ライター

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。