FC2ブログ

試練の年、2016年

DSCF3253_TP_V.jpg





12月30日



もうすぐ2016年も終わり。

思い返せば、この1年、本当にたくさんのことがありました。

私にとって、2016年は試練の年?もしくは、新しい一歩を踏み出す年だったのかもしれません。

本当に今までにないほどの試練が起こり、それを乗り越え、やっと今がある、という感じです。



今年の初め、息子が入団している少年団で、息子にとって大きな出来事がありました。

思えば、それが全ての始まり・・・



もらっていたユニフォームの背番号を落とされ、出れるはずだった試合に1度も出してもらえなかったのです。

その後の息子の落ち込み具合はひどく、さらに練習中、コーチから理不尽な叱られ方をされ、自信もプライドも削り取られてしまいました。

そして春、娘が小学校を卒業し、中学校に入学。

大きく環境が変わるこのタイミングで、息子は少年団での居場所を見いだせないことで悩み、団へ行けなくなってしまいました。

お腹も頭も足も痛くて歩けないと言うのです。

さらに状態は悪化し、徐々に学校にも行けなくなってしまいました。

不登校の始まりです。

その同じタイミングで、一番下の息子のアトピーが悪化。

体中赤く腫れあがり、夜中も掻き毟り、眠ることができません。

誰に会っても、2度見、3度見されるくらいの肌状態で、赤くがさがさ、常に皮膚がめくれていました。

少年団に入っている息子は夜中にうなされて泣きだしたり叫んだり。

ガタガタ震えだしたり。

眠れない毎日に、私のストレスもピークでした。




でも、働かなければなりません。

ちょうどそのころ、ライターの仕事が順調に進んでいた時だったので、仕事をきちんとこなさなければ、という焦りもあったのです。

家事、育児、仕事、アトピー、うつ状態の息子、中学校に入学したばかりの思春期を迎える娘・・・

私には抱えきれないと思いました。

しかし、主人も忙しく、仕事に追われてあまり家にはいません。

土日祝日等、子どもたちが家にいる時も仕事の主人。




何もかも投げ出して逃げることが出来たら、どんなに楽だろうと思いました。

「死にたい」と、包丁を持ち出した息子を見て、なんとなくその気持ちがわかるとも思ってしまった、あの時・・・。

そして、同じタイミングで、それまで順調に仕事をくれていた会社から突然解雇されたのです。

神様はこんなにも意地悪なのかと思いましたね。




でも、案外、人間って強い生き物です。

そこまで追い詰められても、どこかで「這い上がらなければ」という気持ちが出てくるんです。

自分でも不思議でした。

神様は時に意地悪だけれど、多分、乗り超えられない試練は与えないのでしょうね。



そして、うつ状態の息子と向き合って、話し合って、病院にも行って相談して、少年団のコーチとも話して。

手を取り、一緒に学校へ行ったり、時には怒鳴りつけてしまったり、蹴られて、蹴り返して、一緒に泣いたり、叫んだり。

色々なことを乗り越えて、少しずつ少しずつ元の自分を取り戻していった息子。


さらに、たまたま見つけた皮膚科で、下の子のアトピーを治療してもらうと急激に回復して。


少し流れが上向きになってきた時、始めたのがこのブログでした。


「仕事がなくなった今、ブログで少しでも稼げたら」、と言う気持ちから始めたのです。

これまでのランサーズでの経験やライターに関する情報を伝えれば、読んでくれる方がいるかもしれないという期待もありました。




(ブログを立ち上げて、毎日たくさん更新して行くつもりだったのですが、その途中、思いがけず素敵な会社からオファーがあり、結局このブログは私の日記のような状態になってしまいましたが・・・。)




そんな様々な試練を乗り越えて、

今、背番号をもらって、試合で活躍できるようになってきた息子。

あの不登校の時期がウソだったかのように、学校も毎日楽しく通っています。

下の子のアトピーはとても落ち着いていて、保湿をしていれば薬をつけなくてもいい日もあるほどです。

中学生になった娘は色々悩みはあるものの、楽しく中学校生活を送っています。

そして、ライターとしての仕事を毎日こなしている私。


たまに、少年団ママとの関わり方に悩み、たくさんのやらなければならないことに押しつぶされそうになって、前回のブログの様に立ち止まり、動けなくなってしまうこともあるけれど。


でも、「嫌だ、嫌だ、誰か助けて」と叫んだところで、目の前の試練が消えることはありません。

私に向けられたその試練は、私が乗り越えなければ意味がないのだから。



来年はどんな年になるだろう?

少年団はまだ卒団できないので、もう少し試練の年が続きそうですが・・・・・・・・。


でも、逃れられないなら、乗り超えるしかない。



試練があったなら


「素敵な未来が待っている証拠」


と思えば、頑張れそうです。




来年は、1年生になる下の息子に、間取り上1人部屋を作るのは難しいけれど、プライベートスペースを作ってあげたいです。

仕事は更にスキルアップしたいですね。

単価がさらにアップしたのですが、まだまだ。

もっとアップさせて、いつか、中古でいいので一戸建てを購入したいです。

狭くてもいいんです。

小さくてもいいんです。

ただ、子ども達それぞれに1人部屋を作ってあげたいな・・・。

出来れば、私の仕事スペースも欲しいです。

そんな密かな夢を抱きつつ。







皆様、よいお年を・・・・・・・・☆



人気ブログランキングへ

















スポンサーサイト

 日記

0 Comments

Leave a comment