FC2ブログ

冬の挑戦

OHT98_yukitonanakamado_TP_V.jpg



お久しぶりです。

仕事の方が本格的になってきてしまったので、ブログの更新ができずにいました。



今朝、目を覚ますと窓の外は一面銀世界。

そして真っ先に思ったのは、

「自転車乗れないな~」

ということ。



私は車を運転しないので、子どもの少年団のお迎えも、食品の買い出しも、幼稚園・小学校・中学校の参観も全て自転車で行っていたんです。

後ろに子供を乗せるシートも付けているので、幼稚園児の下の子を乗せて、どこへでも行ってしまいます。

でも、もうそれもしばらくお休み。

残念でならないです。




なかなか思うように前に進んでくれない幼稚園児を連れて、歩いて行動って

大変なんですよね。




道端に落ちているゴミを拾って「なんだろう?」と立ち止まったり

後ろを振り返って、たいしたものもないのに「ねー、ママ、見てみて」と引きとめる。

かと思いきや、突然走りだして慌てて追いかけなければならなくなったり

疲れたと、しゃがみこんだり。

寒い、お腹痛い、行きたくない・・・・・・

駄々をこねたり。



自転車なら、子どもを後ろのシートに乗せたら最後

後ろで何を言っていても、私がこぐ足を止めなければ、確実に目的地に向かうことができます。

この、スムーズさと快適さ。

これを手放さなければならないんですね~。



もっと雪が降ってくれたら、ソリに乗せて私が走るという方法もあるんですけど。

最近は温暖化のせいか、真冬でもコンクリートが見えている道が多いんです。

雪の上じゃないとそりは滑らないので、困るんですよね。



雪の上でも走れる自転車があるといいな。

車の様に、自転車も冬タイヤに交換したいです。



でも、実は自転車での移動をし始めたのは今年の春で。

それまでは、どこに行くのも全てが歩きだったんですよね。

自転車も結構高いし、運動神経も悪い方なので、子どもを乗せて転んだりしたら大変と思って、なかなか手を出せずにいたのですが、自転車を乗り回している方を見たら段々羨ましくなってしまって。

思い切って購入して、乗ってみたところ、

「なんて快適なんだろう!!」

と感動したのでした。

それまで、子どもを連れてダラダラと時間ばかりかけて歩いていた自分がバカみたい!と思ってしまうほどでした。



何でも怯えてるだけじゃ始まらないってことですね。

怖い、無理、ダメ、きっと出来ない

と思っていたら、そこまで。

でも、いざやってみると、別の世界が開けて来たりするものです。



自転車に乗ることによって開かれた世界は、私の夏をとても快適なものにしてくれました。

冬は始まったばかりだけれど、春が待ち遠しい。



でも、今度は、この冬が終わるころ

「次の冬が待ち遠しい」

と思えるような数か月を過ごすことができたらいいな。



そのために、また新たななにかに挑戦してみようか。

冬だからこそ出来ること

なんだろう?



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 日記

0 Comments

Leave a comment