FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ランサーズでやってしまった、私の大失敗


PAK86_hanrasenkaidanjinsei_TP_V.jpg




これまでのクラウドソーシング「ランサーズ」に関する記事を読んでいる方は、なんだかんだ言って、私はランサーズで成功した人と思われているかもしれませんね。



しかし、そうではないのです。



1度はランサーズにて10万円以上もの報酬を得られていた私ですが、ゼロになった時があります。


それは、なぜでしょう?


1.繋がりを粗末にしてはいけない

単価の高い仕事を依頼してくれる会社を見つけるまで、他にもっと低い単価で依頼し続けてくれていた方が数人いました。

個人だったので、多分その方も経営はギリギリだったのだと思います。

それでも良心的な対応をしてくださって、その人にとってのギリギリの額を提示してくれていました。


1500文字以上で700円


これは文字数によって変わらないため、1500文字をいくら超えても、700円は700円のままです。

私の場合、たいてい2000文字くらいに仕上げて提出していたので、単価にすると1文字0.35円ですね。低いです。


でも、いい方だったのです。


しかし、単価が低い。

でも、その人もギリギリなんだ・・・。



こんな時に、ある会社から、1文字1円の別の仕事の依頼が届いたのです。

しかも、5000文字を10記事。

それだけで50,000円。

2クールこなせば100,000円。

そして、今後も継続的にお願いしたいと言う。



そしたら、誰でも1文字1円の仕事を優先したくなるじゃないですか。

もちろん今までの仕事も断らずに、同時進行をする事も出来ました。

でも、0.35円の仕事をしているとき、思ってしまうのです。



「あっちの仕事なら、2000文字で2000円の報酬になるのにな・・・」

「こっちでは、2000文字書いても、700円か~・・・」



そしたら、たった700円の為に時間を割いていることが、とてももったいなく感じられてきてしまうのです。

でも、何度も言うけれど、いい人なんですよ。

そして、長くお付き合いしてくださった方なんです。

まだまだプロジェクトもままならない時から、お世話になっていた大切なクライアントです。



この時、正直にお話してみればよかったのかもしれませんね。



「1文字1円の仕事をしている。もし、もう少しでも単価アップしてもらえれば、今後も継続的に・・・」



でも、単価アップの交渉って難しいものです。

仕事なんだから、シビアにいかなければならない点もあるのでしょうが。



そして、悩んだ末、



「すみません。ちょっと忙しくなってきてしまったので、次回はお引き受けできないかもしれないです・・・」



とお断りのメッセージを送らせていただきました。

そして、それっきりとなってしまったのです。



値段交渉をするなり、自分が今どういう状況に置かれているのか、どんな仕事をこなしているか、きちんとお話した上で、相談してみるのも一つの手だったのかもしれません。

でも、この時はまだ、それ程気にもしていなくて。



「よーし!1文字1円の仕事に集中できるぞー」


と意気込んでいました。


そして、この勢いで、他にもいくつか抱えていた仕事を簡単なメッセージでお断りして、一番単価の高い、1つの会社からの依頼だけに仕事を絞ったのです。

その会社は、記事を提出すると、直ぐにまた次の依頼をくれます。

つまり自分さえやる気があれば、いくらでも稼げてしまうのです。

他の個人の方は、1カ月に支払える額と言うのも決まっていたため、こちらがどんどん仕事をしたくても、来月まで待ってくださいと言われることも多々ありました。

稼ぎたくても、足踏みさせられてしまうのです。



この様な点を考え、他の依頼はバッサバッサと切って、身を軽くして、稼ぎやすい会社だけに全力を注いだのです。



2.一瞬の気のゆるみが首を絞める

ひとつの会社に絞って、1文字1円で、ガンガンお仕事をしていました。

10万円以上稼げる時もありましたし、それによって、欲しいものも無理に我慢しなくても買える様になっていきました。

段々生活が上向きになって行き、


「これ欲しいな。よーし、さらに10記事書くかー」


なんて、思っていました。

そのうち、どんな記事を書いても、この会社は修正依頼をしてこないということがわかってきたのです。



多少手を抜いても大丈夫かな?

ちょっと無意味に文字数伸ばしちゃおうかな。

よく分からないけど、このサイトではこう書いてあるから、とりあえず真似しておくか。


なんて思い始めてしまったのです。

そして、ちょっと手を抜いた記事を提出してみたものの、やっぱり同じように「良質な記事を有難うございました」と言う返事。



「なんだ。楽勝じゃん」



って思ってしまいました。




そして、

*読者が求める記事

*クライアントが求める記事

*誰もが読みたいと思う記事

*読んだ後、良かった、為になったと思う記事

を書くことが私の仕事なんだ、と言う大切なことを忘れて、



「文字数をどうやって伸ばすか」



っていうことを重視していってしまったのです。



しかし、こういう仕事をしていると、いつか必ずバレてしまうものです。

だって、こんな記事誰も読みたくないですから。

読んだ後、誰も喜びません。

喜べない記事だった場合、また同じサイトの記事を読もうとは思わなくなってしまいます。

すると、クライアントのサイトの集客に失敗してしまいます。

集客が出来ないと、そんなライターにいつまでも記事を依頼する必要はありません。




そうなんです。




「集客が出来なくなってきたので、一度終了させてください。今までありがとうございました」




そんなメッセージは突然やってきました。

こうなってから後悔しても、後の祭りです。



それまでの繋がりも切ってしまっていたから、その会社から切られてしまうと、突然報酬は0円になってしまったのです。



もちろん、タスクをこなすことで数万円は稼げます。

でも、もっと楽ちんに10万円稼いでいた私が、1000文字100円とか、もうやってられないのです。

それまで依頼してくれていた方に連絡しようかと思ったのですが、あんなに高飛車に断ったくせに、どんなメッセージを送ればいいのか分かりません。




やる気も急激に失われ、仕事をする気持ちにもなれませんでした。




その結果、報酬0円!!




適当な仕事をしてはいけない

繋がりは大切にしなければいけない

と、

この大失敗を経て、大きく大きく反省したのでありました。




3.転んでも、タダじゃ起き上がらない

その後、落ち込み落ち込み落ち込み・・・・・・・・・・・・・・・・・。




でも、「ハッ」としたのです。

毎日仕事に追われていて、何かについて勉強する時間なんてなかったけれど。

この空き時間を利用して、1度、クライアントの気持ちを理解してみたらどうだろう?と。

元々ブログにも興味を持っていたので、

クライアントと同じようにブログを立ち上げ、アフィリエイトと言う仕事をやってみるのもいいのではないだろうか?と。

何もかも失ってしまったけれど、これまで積み上げたことが全てなくなったわけではありません。

「書く」という能力はきっと前よりずっと身についているはず。

これを今後もっと生かせるように、今出来ることをしよう!



どうしたら集客できるのか

どんな記事が好まれるのか

誰が何を求めているのか



実際にクライアントがしていることと同じことをして、その気持ちを理解したライターなら、

クライアントにとって、最高のライターになれるんじゃないだろうか。



それに、ブログって、立ち上げるまでの手続きが結構面倒なんですよね。

やってみたいなとは思っていたものの、そんなにゆっくりブログに専念できる時間もなかったので。

この空き時間を有効活用しよう!

さらには、アフィリエイトで成功させるのも、ありかも??なんて淡い期待を持ったりもして。

そんなこんなで、このブログを立ち上げたのでありました。




同時に、ランサーズの方でも、また1から始めようと気持ちを切り替えて、今はタスクに専念しております。

1000文字100円でも、もらえるだけありがたいと考え、どんな仕事でも手を抜かないことをモットーに頑張っています。

先月はブログと同時進行だったため、それ程稼げませんでしたが、ランサーズの月の報酬は25,384円でした。

10万円稼げていた時が、夢のようですね。

でも、まだまだ、諦めない。

これからは、アフィリエイト、ランサーズの同時進行で、ライターとしての腕を磨き、さらなる発展を目指して前進するのみです☆




クラウドソーシング「ランサーズ」





人気ブログランキングへ




スポンサーサイト

 ランサーズ

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。