FC2ブログ

稼ぐ前にやっておきたい事 「その1.失敗しない断捨離法」

C785_tumikasanattayousyo_TP_V.jpg


家で稼ごうと思い立ち、まず始めたのが、家にある不要なものを売ってしまおう!ということ。

家の中って、なぜかどんどん不要品が溜っていくものです。

いらないけれど、もらってしまったハンカチとか、読み終えた雑誌とか、本の付録とか、子どもにねだられて購入した100均の玩具とか、ガチャガチャで当たったいらない消しゴムとか。

なぜだかわからないけれど買ってしまった、派手な柄のミニスカートとかね。

家の中って、定期的にチェックしてあげないと、どんどん物が溜まっていく一方なんです。

これらをうまく有効活用してみようと思ったのが、最初の私なりの在宅ワーク。

まずは断捨離の始め方についてお話していきたいと思います。


1.断捨離の始め方

家の中がぐちゃぐちゃで不要品ばかりだと、新たなことを始めたくても、なぜだかやる気が起きないものです。

不要品と埃に囲まれた状態で、福を呼び込めるわけもありません。

家で働きたいなら、そこが職場にもなるわけですから、「やる気」も「お金を舞い込む気の流れ」も取り込める環境がいいですね。

身辺をスッキリ整理整頓して、掃除して、さっぱりした部屋にこそ、福は舞い込んでくるもの。

そして、整理整頓した暁には、大量の不要品が表れるはず。これをお金に変えられたらそれが最初のあなたの報酬となります☆


①断捨離週間を決定

まずは、ちょっときついかもしれないけれど、1週間という期限を決めて、断捨離を始めます。この期間はどこにも出かけないし、誰も家には呼びません。だって断捨離週間ですから。

ご飯支度も適当でいいんです。

まさに断捨離だけの為の毎日。

この期間は多少家の中がぐちゃぐちゃになっても、埃っぽくなっても家族には我慢してもらいましょう。


②物を全て外に出す

一か所、「ここ」と言うクローゼットを決めます。途中で挫折しないために、出来れば最初は小さめのクローゼットがいいかもしれないですね。

決まったら、そこからとにかく全てのものを一旦外へ出してしまいましょう。空っぽになるまで、です。

あちこちのクローゼットや棚に手を付け、そこから少しずつ出すのではなく、まずは一つのクローゼットだけを徹底的に空っぽにしましょう。


③仕分ける

取り出したら、それらをすべて、

「いる」

「いらない」

「わからない」

の3種類に、パパッと仕分けしちゃうんです。

ひとつずつ取り出しては、「こんなものがあったんだー」「どうしようか」なんて考えている暇はありません。

そんなことをしていたら、すぐに日が暮れてしまいます。

心を無にして、いるか、いらないか、パパパッと決めちゃうんです。直観も大切ですね。

少しでも迷いが出たら、「わからない」に仕分け。こうすると案外簡単に出来ちゃうものです。


④いるものだけを収納

いるものだけを棚にしまい込んでいきます。仕分け後なので、多分それまでの3分の1程度に物が減っているはずです。

ゆとりもでき、キレイに収納できるでしょう。

1か所のクローゼットを徹底的に行うことができると、達成感とともに、もっと片づけたい!という感情が芽生えるはずです。そうなったら今度は1番大きなクローゼットに手を付けていきましょう。

こうして、1週間で家中全ての断捨離を行うために、計画的にかつ素早く進めていきます☆

短期間で終了させるには理由があります。

長期に渡りだらだら続けていると、いつの間にか中途半端な状態で終了してしまうからです。

「断捨離週間」と決めたらその1週間は何が何でもやってしまう!と言うくらいの勢いが必要なんです。


⑤わからない物の処分方法を考える

仕分けてみると、「わからないもの」が増えてしまうでしょう。

全て整理し終えたら、「わからないもの」の処分方法を考えます。

いらないけれど、もったいないと思うものは、「誰かが使ってくれるとしたらあげるか、あげないか」で考えてみましょう。誰かが使ってくれるならあげる、と思えるものはあなたにとって不要なものなのです。

それでもどうしても迷ってしまうものは1年間ダンボールで寝かしてもいいです。寝かした後、1年後にダンボールを開き、やっぱり使わなかったなというものは「いらないもの」として処分することを決めましょう。

そうして、やっと区別がついたときには、目の前に多分大量の不要品が転がっているはず。

ここで初めて、お金の話になっていきます。

この不要品を処分するために発生するお金ですね。

ちょっと長くなってしまいそうなので、お金の話はまた次回。


2.断捨離を失敗しないためには

精神面のお話も少ししてみたいと思います。

この断捨離方法を読んで、いざやろうと思っても、実際には


「めんどうくさいな」

「これ全部出すのか」

「出来るかな」

「片づけられなかったら、今日寝る場所も確保出来なそうだ」


って思う方、結構いらっしゃるんじゃないでしょうか。

全部出さなくても、いらないと思うものだけ出せばいいんじゃないかな、とかも思うでしょう。

わかります!

でも、そうすると、中途半端な断捨離になってしまい、結果的に達成感を得られないんです。

達成感を得られないと、自信には繋がりません。

自信に繋がらないと、また何かのきっかけで「私には無理だ」という諦めに入ってしまいます。

外に働きに出られない主婦って、「自信」っていうものも喪失している傾向にあるんですよ。



だって、自分で稼げないんですから。



もちろん家庭を守ると言うのも一つの役割であって、それは素晴らしいことなんだけれど。

どんなに家事や育児を頑張っても、報酬は得られないですよね。

そうすると、


「私は子供を食べさせてあげることが出来ない」

「夫がいなければ生きていけない」

「私は誰かの役に立っているのだろうか」


なんて考えが浮かんできてしまう。

そして、どんどん自信を失っていくんです。

さらに私の様に、過敏性腸症候群とか過活動膀胱とか、対人恐怖とかを患ってしまうと、余計に家族の足かせになっているんじゃないかって思ってしまう。

働きたいのに働けない・・・↓↓↓



こうならないために、まず1つ、徹底的に何かを行う必要があります。

そして、達成感と「自分にも出来た」と言う自信を取り戻すのです。



それはわかるけれど、

「また今度にしよう」

「そのうち」

「明日には必ず」


なんて考えながら、先延ばしにする方もいるかも・・・。

そういう方は、いつまで経っても何も出来ません。

目の前の小さな課題もこなせないのに、この先の大きな目標を達成出来るはずがありません。

ダイエットと同じですね。

「痩せたいな」と、エクササイズ本を買ってみるけれど、「明日からにしよう」とケーキを食べて、翌日には「明日からは本気で」なんて言いながら寝転がってる。買ったエクササイズ本はいつの間にかベッドの下なんかに滑り込んでいって、見当たらなくなってしまう。

そして「痩せたいんだけど痩せられなくて」と嘆いている・・・。

痩せられないのは当たり前です。

「やろうとしていないんだから」



家にいながらにしてお金を稼ぐ方法は案外色々あるんですよってお話しましたが、家でお金を稼ぐって、生半可な気持ちでは出来ないんです。

自分の甘えに打ち勝つだけの強い信念がないと、無理です。

だって、監督してくれる方が誰もいないんだから。

休もうと思えばいつでも休めてしまう。

それを咎めるような上司もそばにはいません。



「まあいいか」「明日から」なんて思っていれば、絶対に稼ぐことなんて出来ません。



断捨離は、それまでの自分からも離別するための儀式と考えてもいいのかも。そして、自分が家で稼ぐことができるだけの気力を持っているのかどうか、試すための試験みたいなもの。

もちろん断捨離ですので家も心も軽くすることができますし、お金になるための不要品を家の中から見つけ出すことも出来ます!

そして、自分が何を持っているか再確認して、今後また同じようなものを無駄に購入するのを避けることも出来ます。

買ったのに使っていないというものを認識して、罪悪感を覚えることで、無駄遣いもセーブ出来ます。

さらには、今後職場となるべき場所を確保し、お金を舞い込むための環境づくりに役立ちます。

そして達成感を得て、失った自信を取り戻す!



正に一石二鳥ならぬ一石三鳥?四鳥?五鳥?



本気で稼ぎたいなら、まずは無駄なことを一切考えずに、


①断捨離週間の決定

②物を全て外に出す

③仕分ける

④いるものだけを収納

⑤わからない物の処分方法を考える


これだけを徹底的に行いましょう。

絶対に出来ます。

やる気さえあれば、誰にでも出来ることです。



家で働きたいなら、まずは断捨離で心を鍛え、働く環境を整えよう!



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 在宅ワーク

0 Comments

Leave a comment