スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

ランサーズ、どれくらいの時間でいくら稼げるの?


PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V.jpg

実際、クラウドソーシング「ランサーズ」をやってみようと思っても、どれくらいの時間が必要で、いくらぐらい稼げるものなのか、相場がわからないですよね。

例えば、30万円稼いでます!と言っている方でも、毎日1日中パソコンと向き合ってるからこそ稼げているのかもしれないし、数千円しか無理です~と言っていても、週に2日、数時間しか働いていないだけかもしれないじゃないですか。

そこで私がランサーズを始めたばかりの頃、どれくらいの時間をランサーズに費やしたのか、報酬はどれくらいだったのか、についてお話してみたいと思います。


1.初心者の時給

書くことに慣れている方とそうじゃない方では、かなり時間の費やし方が違ってくるんです。

例えば、400文字で今日あったことを書いてくださいという記事の依頼の場合。慣れている方は、サクサクと3分もあれば、以下のような文章仕上げられちゃいます。

「今日は幼稚園のミニ遠足があります。ミニと言うだけあって、幼稚園から徒歩5分くらいの公園へ歩いていくだけなんです。でも、お弁当を持って、水筒持って、リュックを背負って嬉しそうにスキップして幼稚園へ向かった娘。こんなに喜んでくれるなら、早起きしてちょっとだけお弁当に気合入れたかいがあるっていうものですね。お握りにつけるのりに顔をつけて、卵焼きをお花の形にくりぬいただけなんですけど、私の中では、いつもの手抜きお弁当とはまるで違います。娘も気づいてくれるかな。幼稚園から徒歩5分、私の家からだと徒歩15分くらいの公園。今頃どんな顔して遊んでいるんだろう?と考えると、つい、見にいっちゃおうかななんて考えてしまいます。でも、グッと我慢。少しずつ子離れ、頑張っていかないと。天気予報は午後から雨マークになっていたけれど、お昼を過ぎても曇りの状態でまだ雨は降りだしません。このまま天気よ、もってくれ~と祈っています。」(以上、約400文字)

でも、慣れていない方の場合、

「今日はくもりです。幼稚園の遠足があります。近くの公園に行くそうです。楽しんでくれたらいいなと思います・・・・・・・・・・」

と、続かなくなってしまいますよね。で、続きどうしよう、また別の話題にしようか、と頭を悩ませてしまい、気付くと20分、30分と経過している・・・。

でも、文章って、書けば書くほど上達するものなんです。

どんな文章でも書けば書いただけ、自分の能力として身についていきます。

無理矢理でも、なんとか必要文字数に到達させるために書いていると、文章の膨らまし方がわかってきます。膨らまし方がわかると、今度は無駄を省く方法もわかってきます。

すると、求められている内容を、文字数に合わせて書き分けることも出来るようになっていくんです。

実際私も、最初は

「なんて書こう」

「行き詰まっちゃった」

「書くことがない」

と悩み、400文字程度の1記事に、30分くらいかけてしまっていました。

無理矢理書いたものの、内容が薄く、同じようなことを何度も繰り返しているだけの記事になってしまったり、書いたものの、今度は文章の流れがおかしいのでは?と気になり、修正を繰り返したりもしていました。

そして、単価の低い仕事でこんなに時間を費やしていいのだろうか?と、思い悩むことも何度もあったんです。



10円の仕事1つに30分もかけてしまうと、先が思いやられますね。

手数料で2円引かれてしまうので、

30分=400文字=8円

1時間=800文字=16円

と言うことになります。

時給16円って!!!!!

だからと言って、内容が薄くひどい記事でも、文字数さえ達成すればいいと急いで書いても、誰の得にもなりません。


だって、

・そんな薄い記事を書く人にまた依頼したいとは思わない

・依頼してくれた人はそんな記事をアップしても読者がつかないから儲けに繋がらない

・読者はそんな記事を求めていないから、読んだだけ損と感じてしまう

となってしまいます。



2.3か月経過後の時給

でも、大丈夫。

まずはタスク形式の仕事に慣れること、文章を書き続けること、を目標に頑張ってみてください。

3か月で劇的な変化が訪れます。

少なくとも、私の場合はそうでした。

3か月くらい継続していると、1000文字以内であれば1時間で書ききれるようになってくるんです。そして、しっかりとした内容も含めることが出来るようになっていきます。

1000文字の依頼であれば、300円くらいもらえるものもあるので、手数料を引くと

1時間=1000文字=240円になります。

まだまだパートに出るよりも少ない時給ではありますが、自宅にいながら、初期費用ゼロ円で稼げる仕事と考えると、そう悪くはない数字ではないでしょうか。

さらに、3か月経過すると、タスクでの仕事に慣れてくるんです。

仕事を探すのもスムーズになっていくし、内容を見なくてもタイトルを見るだけで、「あ~この依頼は500文字500円となっているけれど、実際開いてみると、500文字の記事3記事書いて提出しなければならない仕組みになっているヤツだ」などと、なんとなく詳細がわかるようになっていきます。

ひとつずつ依頼内容を開いてみる必要がないので、時間も短縮させられるんです。

さらに、400文字~600文字程度の「今日あったことを書いてください」と言う簡単な内容のものだと、5分~10分程度で書けるようになっていきます。

すると、1000文字の記事を急いで40分くらいで書き上げたとして、残りの20分で簡単な記事を2~4個書いたとしたら、時給330円くらいにはなります。

もし毎日2時間だけ仕事に充てることができたら、330×2=660円。1カ月で、660円×30=19,800円。

約2万円稼げる計算になります。

本当にそんなに順調に進んでいく???と思う方のために、実際の私の報酬額を書いておきますね。

       ↓

1カ月目の報酬は480円
2か月目の報酬は2,496円
3か月目の報酬は4,185円

と、徐々に報酬を伸ばし、3か月経過すると、

4カ月目の報酬は28,017円!!

この時、プロジェクトには一切手を付けていません。

タスクのみで、この報酬を得ることが出来たのです。

なんだかサクサクと書けるようになっていると気づき、タスク形式にも慣れ、ちょっと文字数が多いけれど高単価のものも挑戦できるようになっていて、空き時間はなるべくパソコンに向かえるようにして、この報酬です。

月に2万8千円稼ぐことができれば、ちょっとした内職よりもいいですよね☆


3.時給よりも目標が大切

実は、正確な時給は出せないと言うのがこのランサーズのタスクならではの難点なのです。

いい案件で、一生懸命書いたとしても、承認されなければ報酬は0円になってしまうことがあるからです。

又、タスク形式の場合、時間制限があるんです。今は120分と長めに設定されているからいいのですが、私が始めた頃は60分以内に書き上げなければならなかったんですよ。

タスクを開始した瞬間から、カウントダウン。

右上の赤枠の中の数字が1秒ごとにどんどん小さくなっていくんです。実はこのカウントダウンもかなりのプレッシャーとなります。

「やばいやばい。書ききれないかも、間に合わないかもっっっ」

って焦っちゃうんです。

で、焦れば焦るほど、何も思いつかなくなってしまう・・・と言うことも多々あり、制限時間内に書ききれない場合も出て来てしまうんです。

書ききれなければ、当然、報酬は0円。その1時間も無駄になってしまいます。

さらに書きやすい案件が複数あるとサクサクと書けて、時給600円くらいになる場合もあるものの、その日によってなかなか書きやすい案件が見つからないと言うこともあります。

仕事を探している間に時間が経過してしまったり、書きづらいけど仕方ないと手を付けたものの制限時間内に書ききれなかったり、単価が低いのに思っていたよりも時間がかかってしまったり。

すると、その日その時によって、時給は全然違ってきてしまうんです。

ですから、3か月経過し、だいぶ慣れてきたなと感じたころ、私は、1日1,000円と言う目標を立てて頑張っていました。

1日書くことが出来なければ翌日には2,000円、という形で、平均して毎日1,000円稼げるようにすると、月に30,000円ですね。この目標を立てて、得た報酬が2,8017円なんです。

1日1,000円を稼ぐのに、当時は2時間程度で完了してしまうこともあれば、5時間もかかってしまうこともありました。

これもまた慣れるうちにもっと早く書けるようになっていくのですが、当時はこれが限界。


1日2時間~5時間、1日1,000円、1カ月で30,000円


これが、ランサーズ開始後、3か月経過したときの、私の目標でした。


月30万円!とか、夢のような目標を立てる事も大切ですが、いきなりそこを達成することは出来ません。ですから、それをクリアするための小さな目標も立てておくと、ひとつずつ階段を上るように上を目指していけるんじゃないかな~と思います。

慣れれば慣れるだけ、高単価にも手を付けられるし、効率も上がり、書くスピードも上がっていきます。

始めてすぐは、低くてもいいので、まずは自分が出来そうな目標を立ててみましょう。



これを読んで、「頑張っても3万円が限界か~」とは思わなないでくださいね。

これをクリアすると、次の段階に上がることができるのですから。

次の段階とは、直接依頼やプロジェクトです。


*タスク方式に慣れる

*文章を書くことに慣れる

*何分で何文字位書けるか、自分のスピードを把握する

*自然な形で文章を長くする技を身につける

*求められている文字数によって、長くしたり短くしたり出来る文章力を身につける

*色々な記事を書いて、知識を増やす


これらのスキルを身につけて、しっかりとした文章を書くことが出来るようになってくると、タスクを依頼していた方から、直接声をかけてもらえることがあるんです。

これが直接依頼ですね。

「前回は○○の記事をご提案いただきありがとうございます。もしよろしければこの様な記事も書いていただけませんか?」

というような内容のメールが来るんです。

もちろん、単価もアップされていますし、交渉次第でさらに値上げしてもらうことも出来ます。

単価が高いと、これまでと同じ文字数書いていたとしても、報酬はまるで違ってきます。

そうなると、月に10万円以上稼ぐことも全然夢ではなくなってきます。



直接依頼やプロジェクトにも、勿論メリット・デメリットが存在してくるのですが、その話はまた今度☆




クラウドソーシング「ランサーズ」





人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 ランサーズ

- 2 Comments

kei  

こんにちは。 ゆーさん、ランサーズ頑張ってるんですね♪
わたしは1年位前に頑張ってみましたが2500円くらいの報酬発生したところでストップしてしまいました。 たぶん承認されない案件があって承認率100%を切ってしまいモチベーションが続かず放置してしまったような・・・(笑) 4ヶ月で28000円はスゴイですね、わたしももう一度頑張ってみたくなりました(#^.^#) 

2016/09/16 (Fri) 23:49 | EDIT | REPLY |   

ゆー  

Re: タイトルなし

keiさん

コメントありがとうございます。私も何度も挫折しながら色々乗り越えて、ランサーズ歴やっと2年になったところなんですよ。継続するのって大変ですよね。ブログの更新を続けているkeiさんもすごいと思います。何でも、まずは自分で決めたことを続けると言うことを目標に頑張っていきたいと思います。

2016/09/17 (Sat) 11:00 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。