スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

剥がせない仮面

OHhokkaido_IMG71991_TP_V.jpg


いつもはお仕事のお話を書いているけれど、今日はちょっと心に抱えている重いものをひとつ、吐き出してみようと思います。



嫌いなわけじゃないんです。

行きたくないわけでもないんです。

友達になりたくないわけでもないんです。

美味しいものを食べるのも好きなんです。


それでも、私は断ってしまうんです。

ランチのお誘いを。


あなたのこと嫌いなわけじゃないんだよ。

友達になりたくないわけじゃないんだよ。

避けてるわけじゃないんだよ。


たくさんの言い訳が私の中で溢れかえっていても、それを伝えることなく、ただ、断ってしまうランチ。




過敏性腸症候群って、とても厄介な奴です。

頭の中で考えている悪い想像を実際に起こしてしまうんですから。

「このタイミングではトイレ行けないな。行きたくなったらどうしよう」

って考えると、確実と言っていいほど、腹痛と下痢の波がやってくるんです。

それを脂汗流しながら耐えたり、「え?このタイミングで?」と思われながらトイレに立ったり。

そう言う嫌な体験を何度も繰り返してきた私。

同じ体験をしたくないから、またトイレに行けなそうなタイミングになると

「行きたくなったら、どうしよう」

と思ってしまう。

そして、そう考えることがストレスとなり、腹痛を引き起こし、結局トイレに行きたくなってしまう。

この悪循環をぐるぐる回ってしまうわけです。



よく、主人に、

「行きたくなったら行けばいいじゃん」

「トイレ行けないタイミングなんてないだろ?」

と言われるんですけど。

あります!!

私がよくトイレに行くわけにいかないのに、行きたくなるタイミングは


・食事が運ばれてきて、いただきます!と箸をとり、一口食べた時

・友達のお宅にちょっと届け物をしたくて、玄関先まで行ったとき

・休憩を挟んで、何かしらの話し合いが始まった瞬間

・道端で誰かとばったり会って、「そういえば・・・」と長くなりそうな話を持ちかけられたとき

・一緒にいる相手が、「実は」と深刻な悩みを打ち明けた瞬間

・トイレから戻った直後


普通の大人なら、絶対にトイレに立たないタイミングです。

このタイミングが、私のピークの時なんです。

「行けない」と思ってしまうから。

そう自分の中で考えてしまうことがストレスを生みだし、腹痛→下痢 と言う流れを作りだしているのです。




でも、こんなお腹と10年以上付き合ってきて、少しずつ開き直りや諦めの心を持つことも出来る様になってきて。

やっと腹痛や下痢になる回数が減ってきました。

これはすごい成長で、すごく喜ばしいことなんです。

それに、上手な付き合い方も覚えてきました。

しっかりと出るものを出してから外出すれば、次の食事までは大丈夫なんです。

だから、出かける前は必ずトレイにこもっている私。

このコツさえマスターすれば、どこにでも行けるじゃないか!って思えるはずです。


でも、怖いんです。

あの時の、脂汗を流しながら我慢した記憶がしっかりと脳に刻み込まれていて、忘れられないんです。

体は治っても、心は怖くてたまらないんです。

それに。

外出先で食事をしてしまうと、今度はその食べたものによって腹痛と下痢が引き起こされるかもしれません。


だから、ランチに誘われても、何かしらの理由をつけて、断ってしまうんです。


ランチという名の誘いだと、「ランチは行くよ!食べないけどね」というわけにはいかないじゃないですか。

そして、食後直ぐに帰れればいいけれど、食べてから長いのが、女子お得意のランチってやつです。

食べてしまえば、やってくるかもしれない。変なタイミングでの腹痛が。

だから怖い。


行きたくないわけじゃない。

あなたのこと好きなんだよ。

もっとたくさんお話したいんだよ。

仲良くなれたらうれしいなって思うんだよ。

誘ってくれてありがとう。


そう思っているのに、伝えられず、ただ断ってしまう。

そうして、どんどん、私が勝手に引いた一線を超えないように、みんなが私に距離を置いていくのです。

これは自分がしたこと。

自分が自分自身を守るために引いた線。

分かっているけれど、今度は置かれる距離を見つけて、寂しいと思ってしまう。


わがままですね。


まずは、行ってみる。

そして、大丈夫だった体験を積み重ねる。

その経験が自信に繋がり、また次行く勇気に繋がる。

そして、自信をひとつずつ増やしていけば、きっともっと楽しく外出出来る様になるはず。


頭ではわかっているんです。

怯えて何も出来ないんじゃ、何も始まらない、と。


以前、ブログで、本当の失敗とは、何もしないこと、とお話しました。

あんなに偉そうなお話をしたのに、実際何も出来ないのは私自身。

相手がいないことに対しては、いくらでも挑戦したいと思っても、

外に出て、対相手の場合は、怯えて何も出来なくなってしまう。



嫌いなわけじゃない。でも、怖いんだ。



この気持ちを打ち明けたら、ちゃんと伝わるんだろうか。

腫れものに触るように、さらに距離を作られてしまうんだろうか。

めんどくさい人と、さらに離れていってしまうんだろうか。



スポンサーサイト

 日記

- 2 Comments

kei  

はじめまして。
ブログ拝読させていただきました。わたしも似ているところがありましてコメントさせていただきました。
デリケートなことですのでなかなか人には伝えにくいことだと思います。
大丈夫という経験を重ねてどんどん前向きに進んでいけるといいですね。

2016/09/08 (Thu) 23:54 | EDIT | REPLY |   

ゆー  

To keiさん

初めまして。
コメントありがとうございます!

3歩進んで2歩下がるの精神で、少しずつ前進して行こうと思います。
温かいお言葉、ありがとうございました。

2016/09/09 (Fri) 11:50 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。