スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 スポンサー広告

携帯小説大賞で賞金稼ぎ&印税

dgthyjkvcytxhjcthxjc_TP_V.jpg


ある日、在宅ワークを探しているんだけど、なかなか見つからないことを、友人にこぼしたんです。

同世代の主婦の方で、元々私たちは携帯小説というサイト内で知り合ったのでした。

その友人から、「在宅で働くなら、ランサーズはどう?」

と勧められました。

「ランサーズ?ってなに?」

ここから、私の新たな在宅ワークが始動するのですが・・・・・・・・

ランサーズについては、また後日。ゆっくりと。



今回は、私と友人が知り合ったきっかけとなる、携帯小説についてお話したいと思います。

実は、これも、少しばかり、お金の話にも繋がっていきます☆


1.携帯小説って?

一時期流行りましたよね。

野いちごとか、ベリーズカフェとか、魔法のiらんどとかいう名前の、携帯小説サイト。

ここでは、無料で様々なジャンルの小説を読むことができるんです。

素人の方が書いた小説ももちろんたくさんあるんですけど、実際に書籍化された小説もあるし、書籍化されていなくても、すごくクオリティの高い、「本当に素人さん?」と思えるような小説もたくさんあります。

私は、ここで、色々な小説を手軽に読むと言うことを楽しんでいました。


2.携帯小説の魅力

携帯小説のいいところは、携帯さえ持ち歩いていれば、いつでもどこでも、手軽にサクサクッと読めてしまうところ。

1文も短く、見やすくするために適度に改行も多いので、メールを読むような感覚で読めてしまうんです。

しかも、とにかく、小説内では何かと読者を惹きつける事件が多い

これも一種の携帯小説ならではの手法なんですけど。

無料の携帯小説って、面白くないと思えば、直ぐに読者はいなくなっちゃうんです。

だから、あちこちでたくさんの事件を勃発させると言うのが、読者を離さないためのひとつのコツでもあります。


例えば、

突然イケメン転校生がやってきたり

学校の人気者に告白されちゃったり

彼氏が親友と手を繋ぐ場面を見つけてしまったり

学校の先生となぜか同棲を始めることになってしまったり

ストーカーにつけられたり

気になっている彼と教室で二人きりになっちゃったり・・・


ページをめくるたびに、何かしらの事件が発生していると、次はどうなるの?とついつい読み進めてしまいます。

又、ほとんどが一人称なので、読者に向かって話しかけているようなスタイルの文章が多いんです。

そしたら、「え?そうなの?まじで?」って、まるで友達とメールで会話しているみたいな感覚になったりもします。

だから、本を読むのが苦手という方でも、案外楽しめるんですよね。


3.携帯小説家

携帯小説を読んでると、これくらいなら、私にも書けるんじゃね?と思い始めるんです。

みんながみんなそうとは限りませんが。

私の場合は、そうでした。

で、書いてみました。

そしたら思いのほか、楽しかったんです。

だって、別の小説なら、「こうあってほしい」と思っても、絶対にその通りにはならないじゃないですか。もどかしいほどにすれ違いを繰り返しちゃったりするんですよね。

でも、自分が書けば、全て自分の思い通りに物語を進めることが出来ちゃうんです。

それが、楽しくて仕方なかったです。

そして、徐々に増えていく読者数に、ファンの数。

感想を残してくれる方もいて、それも嬉しかったですね。



その感想コメントを残してくれたことがきっかけで知り合ったのが、最初に話した友人なんです。

友人も携帯小説を書いていたので、お互いに小説を読み合って感想を残しあって、刺激しあっていました。

そのうち、その友人と

文章の奥深さについて語るようになりました。

色んな人の文章を読んでいると、内容そのものよりも、読みやすさや、文法、描写等の方が、段々気になってくるんです。


そして、ああ、こんな書き方があったんだね。

こんな惹きつけ方があるのか。

こんな言い回しがあるんだ。


なんて、完全に、読者ではなく、作家目線で文章を分析するようになっていったんです。


そして、思いました。

どんな形でもいいから、文章を書くことで、食べていけたらいいなと。


4.小説大賞

誰でも自由に応募できる「小説大賞」が開催されていたんです。

今は、大小様々な大賞が開催されているようなので、受賞者も年々増加しているようですが、以前は年に1回しか開催されず、受賞の枠もとても狭く、大賞をとるのは至難の業だったのです。

小説大賞では、あるテーマを定められて、そのテーマに沿った内容の小説が募集されます。

200ページ以上、1ページの文字数最大1000文字程度という規定に沿っていれば、誰でも応募することが出来るんです。

しかも、その最大の魅力は、賞金☆☆☆

なんと50万円!!

更に“書籍化”という特典もついてきます。


これを知った友人と私は、本当に必死で文章を書き始めました。

もしかしたら、作家と言う道が開けるかもしれない。

50万円を手にすることができるかもしれない。

そう思って、お互いの小説を褒め合うんじゃなく、添削し合うようになっていきました。


こうした方が分かりやすいと思う。

この流れだと、この人はこう感じるんじゃないかな?

ちょっとここに違和感


なんて。

夢中でしたね。

すごく楽しくて、夢があって、未来が開けて・・・・・・



気づくと、私は携帯を手放せない状態に陥ってしまっていたんです。



そして、主人の逆鱗に触れてしまうのです。


「携帯ばっかり見すぎ。異常。あり得ない」


(゚△゚;ノ)ノ



そうして、私は携帯小説家への夢を断つ決心をしたのでした。




こう書くと、とてもあっさり諦めたように見えるかもしれないけれど。

本当は辛かったです。

多分ヘビースモーカーの人が、禁煙をするのと同じような感覚だったんじゃないかな~。

でも、その後も、携帯を触るたびに、不機嫌になる主人と喧嘩も増え、なんだかどんどんイケないことをしている感覚になってしまっていったんです。

せっかく楽しいことだったのに、ビクビクしながらになってしまう。

これじゃ全然楽しめないんですよね。

喧嘩がしたいわけじゃないし。夫婦仲を悪くしたいわけでもない。

でも、わかりあえない。



そして“携帯の中で夢をつかむこと”と、“現実世界での家族の笑顔”を天秤にかけてみたんです。

そしたら、やっぱり大切なのは、家族の笑顔だなーと思ったのでした。



でも、途中で諦めてしまったけれど、この時の文章に対する経験が、今の自分にとても役立っていると感じています。

あの時の罪は、主人の逆鱗に触れてしまいましたが。

それでも、必死になって文章を学んだ時期があったからこそ、今の私がいるとも思うんです。


この経験が、どんな風に役立っているのか・・・と言うのは、また後日、ランサーズの話と一緒にご紹介しますね。


文章を書くことに自信がある方は、こんな小説大賞を目指して、賞金を獲得するという稼ぎ方もありますよ☆

更に書籍化されると、その後印税も入ってきますよね。

そしたら、黙っていても、お金を稼ぐことができちゃいます☆




でも、その際は、くれぐれもご家族の逆鱗に触れぬよう、ご注意を・・・・・・・・・



人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

 在宅ワーク

- 0 Comments

Leave a comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。